産休と代講問題。

昨日は大阪スクールオブミュージック専門学校へ日帰り出張。
昨日で出産前は最後の授業とさせていただきました。
最後に生徒の様子と、代講講師の様子もチェックしにいきました。
普通は産休前にそんなことまでする先生はいないらしいですが(もちろん交通費も自腹です!)、、勝手にこうしました。
ここまでにも横浜から代講講師を連れて、何度か私の授業を見学させたりしました。

代講は手塩にかけて育ててるTMRのボーカルトレーナーである中山恭子に全てを任せます!

大阪で活躍している音楽仲間に代講をやってもらうのも実は簡単なこと。。
でも、代講の先生って、ただただいない間、授業やっとけばいい、ってもんじゃないと私は思うんです。
そもそも堀江小綾としてそのコマを任されてるわけですもんね。

なので、産休と言っても休んでる間も毎週の授業は私が監修します。
そして、私の思いをちゃんと伝えてくれる講師を派遣することにしました。

あくまで堀江小綾先生の授業の代講なわけですから、、。。
しっかりと自分が育てた講師を代講にたてるのは当たり前のことだと思います。

それにきっと任されることで彼女の成長になるはずです。
私がそうだったように!
(卒業直後、或る日突然大先生の代講を任せれたことを忘れもしません、、生徒は50人くらいいたっけ。。笑)


大げさに聞こえるかもしれないけど、私たちの仕事は生徒の人生を預かるお仕事。。
ボイストレーニングだけが仕事ではありません。


今だから言えますが、結構いや、しょっちゅう、ほとんど会うことのないシンガーの方々から
「〇〇スクールの代講お願いできない??好きなようにやっていいから!」と依頼を受けることがありました。

正直言ってパッと行って意義のあるレッスンをできる自信はあります。
でもどうなんだろう。。。?

 
多少面倒で一瞬効率が悪く見えても、、お金を払ってくれている生徒のことを考えて、こちらも時間やお金をかけて、丁寧に心を込めて仕事をすることは当然だと思います。
 

というわけで、大阪の皆様、しばらくお休みしますが安心してください^_^
休んでる風ですが、毎週皆のことを考えて恭子ちゃんと授業を勧めますからねー!


しーゆー!!!


TREE MUSIC ROOM*SAYA

「本当の自分に出会える」をコンセプトに音楽と空間を発信する、総合音楽プロデュース事務所。 強い根を張りながらしなやかな枝葉をつける木のように、時代や流行にとらわれず、常に本物を表現しお届けする・・・ TREE MUSIC ROOMはそんな場所を目指しております。

0コメント

  • 1000 / 1000